ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■特徴
最初に目を付くのは、体格の小ささ。
相手の攻撃が当たりにくい反面、通常攻撃のリーチが短い。
また、防御力に「×0.75倍」の補正が掛かっているため、魂魄の減りは見た目以上に早い。

移動面に関しては、歩き速度は平均的だがダッシュ速度が速め。
空中ダッシュの移動距離も長く、エリアルが行いにくい要素ともなるがジャンプ力が高い。
瞬歩も比較的長い距離を移動する事から、スピード面に関しては文句なしと言える。

ただ、移動中に稀に「こける」要素がある(こけると、一定時間無防備)
空中でも発動する事があるのがネックで、相手にぶつかると1ヒット1ダメージを与える。

■画像
超必カットイン 挑発「いやっほ~い!」
草鹿やちる カットイン草鹿やちる 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ(上段)1ヒット6ダメージ
2ヒット5ダメージ(エリアル始動技)2ヒット5ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は4キャラ半(速度=速い)

■立ち回り
やはり、その小柄な体を生かした戦い方が主となる。
ダッシュ速度の速さゆえに相手の懐にもぐりこみやすく、また瞬歩距離も長いため比較的奇襲を突きやすいキャラ性能と言える。
ただ、前述したが「こける」要素を備えているため、地上での行動は出来るだけ謹む必要があるのがネック。

基本的に、地上よりも「空中」の方が同キャラクターはこける確率が低い模様で、空中からの接近戦を主体とするべきか。
相手の中段を狙う事が比較的得意とは言えないが、長い距離を移動する空中ダッシュや、売りである瞬歩性能を駆使してどうにか相手に近付きたい所。
一応、地上でもある程度の距離なら唯一の下段攻撃であるダッシュ屈小を攻撃の始点として、こけない事を祈りながら攻め入る事も1つの切り込み方。

地上コンボの軸となるのは、通常攻撃のリーチの短さゆえに1キャラ分前進する「立中」と「立大」辺り。
特に、立大は相手を強制的に「立状態」にする効果を備えるため、その後の斜め上瞬歩を挟んだチェーンコンボの繋ぎに非常にお世話になる。
もちろん、立大は2ヒットさせると相手を浮かしてしまうため、1ヒット目で次の技にキャンセル必要が応じるが(一応、屈大にも立たせ効果は存在する)

主なチェーンコンボの繋ぎは、
[立小>立中>立大(1ヒット目キャンセル)>屈大(1ヒット目キャンセル)>(斜め上瞬歩)J中>J大]×霊力中枠

安定しないようであればアドリブ加減で攻撃回数を減らす事も重要で、必B「いっくよーー!」小>(キャンセル)超必A「ジャマしないで!」で簡易的に締める事も可能。
同キャラクターのエリアルは少し高度調整が難しい事もあり、締めにエリアルに繋げるか地上コンボのまま終わらすかは各自の好みで。

とりあえず、同キャラクターの立ち回り方は「こけない」事が最優先事項であり、頻繁にこけるような戦い方を主体にしていては中々勝ちには結びつきにくいかも。
ちんたらちんたら移動ばかりしていると何(いず)れこけてしまう可能性が高いため、如何に素早く次の攻撃に移れるかが肝となる。

4人戦については、超必A「ジャマしないで!」が活躍しやすい場であり、2人戦よりかは幾らかは戦いやすいかも知れない。

■対:草鹿やちる
紙装甲キャラのため、如何に超必殺技をクリーンヒットさせれるかにより、試合展開は大きく変化。
試合は相手が常に支配していたが、最後に倒れているのも何故か相手だったと言うこともよくあること。

基本的に、相手がこけたときが一番の狙い目であるのは至極当然のこと。
また、相手は体格が小さいことから、屈攻撃を主体にして簡易的なコンボを切れ目なく繋いで行く事が主なダメージソースと成り得る。
他にも、範囲の広い技を適度にぶっぱなすことも有効策か。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:

httpは
禁止ワード

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bleachds.blog86.fc2.com/tb.php/74-e5db6d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。