ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■特徴
視聴率ゲージと呼ばれる専用ゲージを持ち、その要素によって若干戦い方が変化するキャラクター。
通常攻撃や必殺技にはコミカルなものが多いが、J大を筆頭とした各空中攻撃は比較的使い勝手は良い。
また、ステッキ技よりも足技のほうがリーチが長いと言った謎設定を備えるのも一つの特徴。

移動面に関しては全てが平均的だが、特殊瞬歩が空中では発動できない事がややネック。
特殊瞬歩のあとはガードが確定せず、また霊力ゲージが0未満では台詞を吐きながら硬直してしまうため扱いは難しい。
唯一、挑発コマンドにヒット判定を備えるキャラクターではあるが、挑発の長さゆえに反撃が確定してしまうため注意。

■画像
超必カットイン 挑発「スピリッツアーオールウェイズ ウィズユー!!ボハハハハー!」
ドン・観音寺 カットインドン・観音寺 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)5ヒット8ダメージ12ヒット7ダメージ
投げ8ヒット7ダメージ2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は3キャラ半(速度=並)、挑発コマンドは1ヒット16ダメージ

■立ち回り
開幕に数回特殊瞬歩で視聴率ゲージを「2~6%」稼いでおき、ゲームが始まると同時に開幕空中投げ(観音寺バスター)を決める、そんなカリスマ霊媒師。

立ち回り方については、視聴率ゲージを考慮に入れながらも各召喚技とステッキ技を使い分ける必要性が応じる。
共通する部分としては、低空ダッシュからのJ中>J大、もしくはJ大単発での切り込み方であり、後者については先出しでジャンプ中に置いておく事により、空中では無類の強さを誇るのが特徴。
また、J小についてもそのチェーンの利きやすさ故に空対空での刺し合いに強い性質を持ち、専(もっぱ)ら空中での牽制手段には事欠かないキャラクターと言える。
とは言え、もちろん確率上であり、相手の範囲の広い技にはことごとく潰される危険性もあるため、過信は禁物。

1.視聴率ゲージが赤(0~19%)
基本的に、こちらが追い込まれている状況か開幕で少しダメージを貰ってしまった辺り。
この状態では各召喚技が自滅攻撃になるが、一部の技は上手く工夫する事により価値を見出す事も可能。

必B「カラクラピンク」
赤ゲージでは使いものにならない技だが、立小(屈小)>立中>屈中>(特殊瞬歩)必B「カラクラピンク」RF>立小・・・
と繋げる事も可能で、相手を通り越した辺りで必B「カラクラピンク」RFを使用すると赤ゲージでも繋げる事が可能。
噂のカリスマ霊媒師が使用されているコンボで、見た目が中々テクいのが特徴。

必D「カラクラレッド2号」
一応、相手との巻き添え攻撃として利用する事も可能。
密接距離での必A「観音寺弾」と同じ様な自滅攻撃となるが、相手にガードされた時は自身の壁バウンドを拾われる危険性もあるため、こちらの方がリスクは大きいかも知れない。

2.視聴率ゲージが緑~金(20~100%)
開幕状態や、こちらが優位にダメージを与えている場合。
この状態では必B「カラクラピンク」RFなどの牽制技が使えることから、幾らか切り込みパターンが増える場面。
コンボの繋ぎとして必B「カラクラピンク」や必D「カラクラレッド2号」を利用できる事も一つの強み(前者は赤ゲージでもチェーンさせることは可能)

基本的に、火力が売りと言ったキャラクターではないため、地上コンボでは「立小(屈小)>立中>屈中」などと一つでも多くの技をチェーンさせることがダメージソースの確保に繋がると言える。
また、屈大については相手の仰け反り時間が短くコンボが途切れやすい、且つ、ヒット数ゆえにコンボ補正が掛かりやすい、の2要素から無理に繋げる必要性は応じない。
ちなみに、コンボの締めは超必A「二連観音寺弾」と超必B「超スピリッツ・ステッキ」の2択辺りで、簡易的に締めるなら立大>超必A「二連観音寺弾」でも充分な火力と成り得る。

一部で死に技と名高い必A「観音寺弾」については、始動と硬直の隙の大きさから使用場面は無いと思われがちだが、立ち回りのアクセントとしては幾つかの利用場面も存在する。
主に、エリアルの締めに地上での置きとして、始動の早さゆえに密接距離での重ねやリバサ技としても優秀な性能を誇る。

ただ、本当に隙が大きい技のため、その事は充分に肝に銘じておき使用する必要がある。

■対:ドン・観音寺
このキャラクターについては、コマンドミスの隙がありえないほど大きいため充分に相手の行動を探る必要がある。
特に、必A「観音寺弾」や必E「超スピリッツ・ステッキ」(RF以外)の暴発は、ほぼこちらの反撃が確定するため見逃す手は無い。
また、要所要所のアクセントとして必A「観音寺弾」を利用している相手では、専らそのチャンスは増えると言える。

ちなみに、相手は空中戦で無類の強さを誇るため、あまり刺し合い勝負は挑まないように心掛けたい。
相手のエリアルのダメージ量は安いとは言え、こちらが優秀な空中攻撃を持っていない限りは迂闊な飛び込みはタブー。
他にも、超必C「カラクラスーパーアタック」の失敗後や相手の特殊瞬歩が尽きた場面での硬直は、大きな反撃チャンスと成り得る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:

httpは
禁止ワード

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bleachds.blog86.fc2.com/tb.php/53-87178fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。