ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■特徴
体格は至って標準的。
移動面に関しても全てが標準的な性能だが、ジャンプ力だけは異様に高い。
逆に、空中ダッシュの速度がやや遅めで、移動距離も短いのがネック。

通常攻撃のリーチはエフェクトがカバーしている事もあって、長そうに見えるのが特徴。
実際には、エフェクトの大部分が偽判定のため、通常攻撃のリーチは極端に短い欠点を持つ。
また、防御力に「×0.50倍」の補正が掛かるため、通常より魂魄の減りが早いのが最大の短所。

■画像
超必カットイン 挑発「うりやーっ!」
護廷隊士 カットイン護廷隊士 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は3キャラ半(速度=並)

■立ち回り
標準的な瞬歩を備える事から、プレイヤーの腕により化けそうなキャラクターではあるが・・。
やはり、通常攻撃のリーチと防御力の低さから、ネタキャラの領域から出ることは難しい存在と言える。

主に、切り込みの際には比較的使い勝手の良い瞬歩で場を調整しながらも、短いリーチを誇る各通常攻撃で相手にまとわり付いていきたい所。
低空ダッシュからの切り込みについては、空中ダッシュの性能が標準以下なこともあり、やや使い勝手はよろしくないかも知れない。
ただ、密着してからは中々のチェーン数を誇るコンボまで派生させる事が出来るのが、このTAISHIの強みとも言える。

1.[立小>立中>(斜め上瞬歩)J小>J中]×霊力中枠>屈小>屈大>エリアル
2.(壁際)[屈小>立中>立大>必B「肘打ち」RF]×霊力外枠>屈小>屈大>エリアル

1については安定度を重視したコンボで、J小>J中の部分は「J中>J大」に置換する事も可能(但し、安定度は落ちる)
2については、壁バウンドからの「屈小」による拾いがややシビアなため、多少のアドリブ加減が必要となってくる。

RFに関しては、必A「岩投げ」と必B「肘打ち」のどちらに費やしても良いかと思われる。
ちなみに、投げの硬直が大きいキャラクターであるが故に、壁際などでは相手を拾えないことが多だあるのがネック。

■対:護廷隊士
紙装甲キャラではあるが、標準的な体格のため攻撃は命中させやすい相手。
また、相手は通常攻撃と必殺技のリーチが極端に短いため、あまり密着され過ぎないように注意する。

とにかく、本来の自分の戦い方が出来れば負けることはない相手と言える。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:

httpは
禁止ワード

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bleachds.blog86.fc2.com/tb.php/17-627394bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。