ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■特徴
体術+鬼道キャラクター。
死神の一人ではあるが、斬魄刀を所持しておらず通常攻撃のリーチが短め。
移動速度と瞬歩距離も平均的なため、基本的な体術キャラクターに設定されている。

リーチが不足する事はあるが、そこは「破道」「縛道」なる鬼道である程度カバーする必要がある。
乱戦ではとっつきにくいキャラクターではあるが、今作より登場した超必B「行けっ! コン!!」により火力は増大している。
また、元より背が低いため、屈状態では一部の攻撃技を回避できると言ったメリットが存在するのも強み。

■画像
超必カットイン 挑発「ごきげんよ~お~♪」
朽木ルキア カットイン朽木ルキア 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ2ヒット7ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は3キャラ半(速度=並)

■立ち回り
リーチが短いため、如何に相手の懐に潜るかが鍵となる。
基本的に、牽制の要として空中必A「蒼火墜」と必D「跳び膝蹴り」が候補に上がる。
が、必A「蒼火墜」については前作からの厨性能が軽減されたとは言え多用は禁物かも。

これらの技で相手の行動をある程度制限しつつ、隙あれば瞬歩を駆使して攻め入るといったパターンが多いか。
空中からの切り込みには、ややリーチは不安だが横方向へは「J中」、地上の相手には「J大」の使用が候補に挙がる。
J中については「めくり」を備えることから近接距離ではお世話になり、J大については中段崩しの際に重宝する。

接近してからは、最終的に超必B「行けっ! コン!!」に持ち込むことにより、高火力コンボを叩き込むのがベター。
エリアル始動技の「屈大」は些(いささ)かリーチが短いため、届かない時のアドリブコンボとしても超必B「行けっ! コン!!」は非常に重宝する。
ただ、乱戦などでは「一定時間ガード不能」と言ったリスクがややネックになることもあり、2人戦とはまた違った立ち回り方が要求される。

基本コンボはエリアルに留め、3ゲージ技の超必C「袖白雪」まで霊圧を溜め込むといった戦法も一つの候補。
その場合は、屈大に繋ぎやすいように地上コンボには意識して「立中」(1キャラ分移動)を組み込むようにすると尚良い。

4人戦では、超必C「袖白雪」の無敵時間が無くなり、前作ほど一発逆転が狙いづらくなったのがネック。
必B「白雷」RF以外に優秀な貫通技が無い事もあり、乱戦では前作以上に苦戦を強いられるかも。
やはり、同キャラクターはどちらかと言うと今作ではタイマン特化のキャラ性能に仕上がったと言える。

起き攻めについては、J大を重ねておくのがベターだが少し単調になりやすいため、使い勝手はそれほどと言う訳でも無いが「屈小」を時おり重ねておくのも有効な手段。
超必B「行けっ! コン!!」はコマンドさえ入力すれば、コンが前方に飛んでいくという性質を持つため、比較的リバサ技としては優秀な部類(但し、ハイリスクハイリターン)

ちなみに、必C「塞」の誤爆にはくれぐれも注意。

■対:朽木ルキア
近接すると必D「跳び膝蹴り」でダウンを奪われ、遠距離からは空中必A「蒼火墜」で狙撃されたりと思ったとおりには勝たせてくれないキャラ。
特に、必D「跳び膝蹴り」については発生が早いため、GC技として繰り出されると中々厄介を極める。

基本的に必殺技以外のリーチは優れているとは言えないため、キャラによっては通常攻撃である程度優位に立てるのが不幸中の幸い。
但し、使用キャラクターによっては、相手の背の低さが厄介になる事もあるためそこの所は充分に注意。
(市丸ギンや東仙要の立攻撃が空振ったりと、屈攻撃を主体にして戦う必要性が応じる)

超必B「行けっ! コン!!」を挟んだ高火力コンボについては、追撃してきた所に合わせてさっさとDCするのが無難かも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:

httpは
禁止ワード

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bleachds.blog86.fc2.com/tb.php/126-d416a529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。