ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■特徴
一切飛び道具を持たない根っからの近接キャラクター。
斬魄刀を所持していないため、攻撃は全て体術で行われる。

故にリーチはそれほど優秀と言う訳でもないが、移動速度自体は至って平均的。
3ゲージの逆転技も備えるため、プレイヤーによって色々と使い勝手は変化。

また、必殺技に突進系の技が多いのも一つの特徴。
今作より登場した必C「飛びます」を如何に上手く使うかが鍵となるか。

■画像
超必カットイン 挑発「マユリさま…」
涅ネム カットイン涅ネム 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は3キャラ半(速度=並)

■立ち回り
一般的な体術キャラクターと立ち回り方は共通する。
相手に接近しないと何も始まらないため、標準的な瞬歩や低空ダッシュからの切り込みで、あれこれと相手にまとわり付いて行くのが肝となる。
RFに関しては、全て必B「行きます」に注いでも何ら問題は無い。

主に、必B「行きます」中・RFや必C「飛びます」中をぶっぱなして相手に近接するのも有効策だが、基本は低空ダッシュからの「J中」が一番の頼りとなる。
霊力の温存もでき、何よりリーチが通常攻撃の中では優秀な部類で扱いやすい。
J大に関しては、少しリーチが頼りないため切り込みには些(いささ)か使いにくいかも知れない。

相手に寄ってからのチェーンコンボについては、同キャラの売りである長い足を利用した「屈攻撃」を主体にして切れ目無くコンボを繋いでいく。
特に、屈小・屈中辺りはリーチも長く、起き攻めにも重ねやすいのが売り。

3ゲージが溜まっている場合は例外として、コンボの締めは基本的にエリアル。
同キャラは必A「参ります」&必B「行きます」RFや超必A「参ります」などと、エリアルに持ち込める技が豊富なのも一つの特徴。
壁際では例外なく超必B「マユリ様!!!」をぶつけるべきだが、同キャラクターは基本的にエリアルが主なダメージ源となる。

今作から登場した必C「飛びます」については、始動の早さから乱戦やGC向き。
特に、RFはドン・観音寺の超必C「カラクラスーパーアタック」の発生に割り込めるほど、発生フレームが異常に早い。
主に、ぶっぱからのエリアルに、リバサ技に、固められた時の暴れにと非常に利用できる機会は多い。

起き攻めについては、中段は「J中」を重ね、下段は「屈小」もしくは瞬歩狩りの意図も兼ねて必B「行きます」RFを重ねておくのが無難か。
ただ、同キャラは霊圧が3ゲージ溜まっている際には、相手が壁際には起き上がらないように警戒する傾向があるため、基本的にその場合は移動起き上がりを読むと良い。

もちろん、その思考を突いて逆に壁際に起き上がるといった曲者プレイヤーも存在するにはするが。

■対:涅ネム
飛び道具を備えるキャラクターであれば、適度にぶっぱなしておき相手の攻め手を削ぐと吉かも知れない。
これがダメージトータルで相手を上回る一つの要因となり、更に相手がガードで固まるようになってくれれば儲け物か。
とりあえず、相手に迂闊に切り込まれないように立ち回る事が最優先事項となる。

今作より優秀なGC技として必C「飛びます」が登場したため、同技には要警戒。
ダウンを奪った際に同技でリバサが来る事が予想される場面では、リーチの長い技で起き攻めを重ねるなどの工夫が必要。

DCポイントとしては、相手がコンボの繋ぎにRFを使用した際や、壁際でのゲージ3が予想される場面辺り。
ちなみに、超必B「マユリ様!!!」が不発に終わった場合は、上瞬歩などを駆使して空中ガードでやり過ごすのが無難。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:

httpは
禁止ワード

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bleachds.blog86.fc2.com/tb.php/117-9affc199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。