ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■特徴
忍者キャラクター。
歩きからダッシュに掛けて、全キャラクターの中でトップを争うほどの素早いスピードが売り。
また、歩き速度が速い=投げのポテンシャルが高いと言えるため、近接距離での崩しは比較的得意な部類。

移動速度に比例して、また瞬歩距離も比較的長い部類に入るのが特徴。
背の高さは標準的だが、屈状態では一部の技を回避することが可能なのが利点。
砕蜂と基本性能は類似しており、通常攻撃のリーチは劣っているがJ小・J大に「めくり」を備えている。

■画像
超必カットイン 挑発「もう終わりかの?」
四楓院夜一 カットイン四楓院夜一 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(打ち上げる)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は4キャラ半(速度=速い)

■立ち回り
長い距離を移動する瞬歩と空中ダッシュを備えるため、比較的こちらから切り込みやすいキャラクター。
通常攻撃のリーチこそ平凡な部類だが、素早く相手の懐へ潜り込む事により欠点は解消される。

基本的に、瞬歩で場を移しながらも、ダッシュ屈小や低空ダッシュJ大で2択を迫っていく事が主なパターンとなるか。
一応、唯一の飛び道具である必A「暗剣」RFを放ってからの切り込みも可能だが、同技の出番は主に起き攻めに利用する機会が多い。
また、必B「黒猫演舞」と言う優秀なRF技が存在するため、やはり必A「暗剣」は起き攻め以外では出番は少なくなりがちかも知れない。

必B「黒猫演舞」については、空中の相手も拾えることからRF技はぶっぱとして非常に機能する技だが、プレイヤーにより好みが分かれる技。
使い手と自負するならキャラ性能だけで戦おうとはせずに、上手く立ち回りを駆使して「気品」のある戦い方を求めたいところ。

距離を詰めてからは、比較的リーチの長い屈攻撃を主体にコンボを派生させていく。
同キャラは斜め上瞬歩が挟みにくいこともあり、簡素なものとなるが「屈攻撃>(瞬歩)>屈攻撃」を数ループしてからの必B「黒猫演舞」>超必A「莫迦者が!」が軸となるか。
そこからエリアルへ繋げることが主なダメージ源となるが、必C「愚か者!」でダウンを奪った際には必A「暗剣」でこちらのターンを継続しておくと尚良い。

今作から登場した必D「終わりじゃ!」については、至近距離での崩しの選択肢の一つに。
非常に相手のDCを誘いやすい性能を持つため、通常投げと比べてもリターンはかなり大きめ。
ちなみに、開幕必D「終わりじゃ!」RFで相手の不意を突くと、非常に見返りが大きい。

その際には、超必B「まだまだぁ!」を使用した100オーバーを超えるコンボを決めることが出来ると、その後の試合展開を優位に運ぶことが出来る。
ただ、そのコンボ自体はトレーニングモードなどで要練習しておく必要があるが。

ちなみに、超必C「瞬閧」については超必A「莫迦者が!」と言う優秀な1ゲージ技が存在するため「止め」もしくは乱戦専用と割り切るべきかも。
3ゲージを消費する割りに威力が80前後と、些(いささ)かタイマン向きではないのだけは確か。

■対:四楓院夜一
基本的に場を絶え間なく移動する事が予想されるため、範囲の広い攻撃技などが有効策。
主に、定番ではあるが黒崎一護のJ中・大辺り、茶渡泰虎の必A「キャノンナックル」辺りが動きを妨害しやすい技と言える。
範囲技と言った範囲技も備えていないキャラクターの場合は、スピード系のキャラクターには立ち回りでペースを握られやすいため、中々対策を練りにくいかも。

注意点としては、起き攻めの必A「暗剣」については空中ガード、もしくは相手に何らかの始動の早い技をぶっつけるのが主な対抗策。
超必A「莫迦者が!」については、途中の攻撃から下段属性が付与するため、GC瞬歩をしようとして下段を喰らってしまうと言う痛恨のケアレスミスには注意したいところ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:

httpは
禁止ワード

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bleachds.blog86.fc2.com/tb.php/114-c0c605a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。