ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【必殺技】

■必A「寂山雉鳴(じゃくさんちめい)」 地上 空中 ↓→

投げ技
相手を掴んだ後、5回斬りつける
締めに相手を切り上げるため、エリアルで追撃が可能(タイミングは少しシビア)
空中では相手を5回斬りつけた後、地面に叩きつける

※カッコ内は空中時
 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
5ヒット9ダメージ(6ヒット12ダメージ)   ガード不能
5ヒット9ダメージ(6ヒット12ダメージ)   ガード不能
10ヒット20ダメージ(10ヒット20ダメージ)   ガード不能、斬りつけ回数が増加

小と中で技の性能の変化は無い
コマンドが容易く、GCを狙いやすいのが利点

■必B「寂林撓風(じゃくりんしょうふう)」 地上 ←↓→

投げ技
前方に突進し、触れた相手を壁際に押し込む
投げ技に分類されるが、ガードで防がれるのが欠点

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
2ヒット8ダメージ1キャラ 少し長い 
2ヒット8ダメージ2キャラ遅い  
2ヒット8ダメージ2キャラ   

リーチが見た目以上に短いため、フェイント技としても利用可能

■必C「寂庵訪客(じゃくあんほうかく)」 地上 →↓→

投げ技&対空技
斜め上に向かって跳び放ち、空中にいる相手を捕まえる
その後、数回斬りつけた後、地面に叩きつける
投げ技に分類されるが、ガードで防がれるのが欠点

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
6ヒット13ダメージ    
6ヒット13ダメージ 遅い  
10ヒット21ダメージ    

地上にいる相手にも命中するが、リーチが短く当てづらい
ステップ(ダッシュ)後の必A「寂山雉鳴」が、このコマンドに化けやすいため注意

■必D「浅薄!(せんばく!)」 地上 ↓↓

当て身技
相手の攻撃を受け流す体制をとり、カウンターを狙う
カウンターが決まると相手を切り上げる(エリアルで追撃が可能)
入力するボタンにより、中段もしくは下段を当て身するかが定められる

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
1ヒット12ダメージ   下段を当て身
1ヒット12ダメージ   中段を当て身
1ヒット12ダメージ   下段と中段を当て身

飛び道具は受け流せない
相手の攻撃を受け流す時間が非常に短く、技を発動させた一瞬のみカウンターを受け付ける

【超必殺技】

■超必A「芒伏朽縄(ぼうじょうきゅうじょう)」 地上 ↓→↓→

投げ技
必A「寂山雉鳴」の強化版
相手を掴まえた後、縦横無尽に切り刻む
その後、相手を切り上げてエリアルに繋ぎ、締めに相手を地面に叩きつける

最大ヒット数とダメージ量リーチ性能
20ヒット48ダメージ ガード不能

同技中に相手の魂魄が尽きると、締めに相手を地面に叩きつける→壁際に叩きつけるに変化

■超必B 霊圧3限定 「面を上げろ 侘助(おもてをあげろ わびすけ)」 地上 →←↓→

投げ技
相手を掴んだ後、自分の後方に叩きつける
その後、斬魄刀を「始解」した後、頭(こうべ)を垂れている相手に対して縦横無尽に斬りつける

最大ヒット数とダメージ量リーチ性能
13ヒット119ダメージ ガード不能、相手の速度がダウン(10秒間)

締めに相手を斜め上に吹き飛ばすが、追撃は不可能

同技を食らった相手は10秒間、「移動速度、空中ダッシュ、瞬歩距離」のリーチが低下する
※突進系のリーチも低下するが、飛び道具系の必殺技は速度が低下しない
スポンサーサイト
■特徴
歩き速度が遅く、地上ダッシュは一定距離を進む「ステップ」で行われる。
ジャンプ力は並だが、空中ダッシュの移動距離が短く、また移動速度も下位の部類に入る。

鈍足キャラクターではあるが、通常攻撃は上位に入るほどの高性能ぶりを誇る。
相手に急接近する事は得意とは言えないが、近接距離での牽制手段には事欠かないのが売り。
必殺技の大半がコマンド投げのため、生粋の投げキャラクターと言える。

■画像
超必カットイン 挑発「後悔させてあげよう」
吉良イヅル カットイン吉良イヅル 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ2ヒット8ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は2キャラ半(速度=遅い)

■立ち回り
通常攻撃の汎用性が高いため、超必殺技に頼らずともダメージソースの確保が可能なキャラクター。
故に、霊圧は全てDCに回すのも一つの策で、堅実的に立ち回る場合に限り超必B「面を上げろ 侘助」などのハイリスクハイリターンな技は無理に狙う必要は無いと言える。
その場合は精々、霊圧消費量の少ない超必A「芒伏朽縄」辺りが使用の範囲内か。

あくまで効率の良い立ち回りを行うための理論ではあるが、時には超必B「面を上げろ 侘助」などのギャンブル技を狙ってみるのも一つのプレイスタイル。
主に、こちらからの切り込みの際に出番となるのが、広範囲リーチとめくりを備える「J中」を筆頭とした各空中攻撃。
特に、J中>J大による低空ダッシュからの切り込みは並みのリーチでの割り込みが難しい事から、根っから空中からの牽制手段には事欠かないキャラクターと言える。

基本、各空中攻撃を辺りに散らしておき、ヒット確認次第ダメージソースとなる地上コンボに繋げる事が主なパターンとなる。

[(ステップ)立小>立中>立大>(斜め上瞬歩)J中>J大]×霊力中枠>エリアル

同キャラクターは通常攻撃のリーチの長さゆえに、ステップとの組み合わせによるチェーンコンボを安定させやすいことが一つの売り。
そのため、専(もっぱ)ら上記のチェーンコンボだけでも、同キャラクターのダメージソースとしては充分に機能してくれることが強みとも言える。

起き攻めについては、下段には屈小もしくは最長のリーチを誇る屈中辺り、中段にはメインとなるJ中辺りを重ねておくのが無難か。
鈍足キャラクター故に素早い移動に欠けるため、相手からダウンを奪ったあとは継続的に起き攻めを重ねていく事が、相手との間合いを空けられないようにするためにも必要な行動と言える。

当て身技である必D「浅薄!」については、単発で繰り出すには些(いささ)か隙が大きい技ではあるが、多段ヒットする突進技(黒崎一護の必B「円月斬」RF、山本元柳斎重國の必E「爆炎」辺り)に対しては無償でGCを取ることが可能なためキャラ別知識として知っておいて損はないかも。

■対:吉良イヅル
接近戦に強いキャラクター故に、しっかりと相手にGC瞬歩などを取られると途端に苦しくなる相手。
特に、茶渡泰虎などの空中瞬歩が発動できないキャラクターに至っては、空中攻撃を相手に取られてしまうと場を移せないことがネックとなり、相手のGC斜め上瞬歩から反撃が確定しまうため注意。

基本的な対策としては、近接キャラクターに共通する範囲外からの飛び道具辺り。
また、相手は瞬歩狩りとして優秀なRF技を備えていない事から、幾分かは瞬歩で立ち回りやすいことが不幸中の幸いとも言える。
一種のギャンブル技である超必B「面を上げろ 侘助」については、暗転からの瞬歩が間に合う事に着目する。

回避できれば霊圧的にもこちらが優位な局面へと傾くが、相手がDC中心の立ち回りの場合はほぼ期待できないため注意。
■空中コンボ(エリアル)

①-1
屈大(1Hit後、キャンセル)>J小>J中>(JC)J小×2>J中>J大

最大 7Hit 24ダメージ

①-2 瞬歩を挟む場合(中難易度)
屈大(1Hit後、キャンセル)>J小>J中>(JC)J小×2>J中>[(上瞬歩)J小>J中]×霊力中枠>J大

最大 13Hit 30ダメージ(①-1 より最大6ダメージ増加)

②コール氏
屈大(2Hit後、キャンセル)>必C「寂庵訪客」小orRF

最大 8Hit 22ダメージ(小)
最大 12Hit 29ダメージ(RF)
備考:密着状態から小攻撃1発分の間合いまでなら繋がる。
エリアル①よりも霊圧上昇率は劣るが、実質チェーン数が2つのため相手のDCのタイミングを妨害しやすい。

③-1
必A「寂山雉鳴」小orRF>J小>J中>(JC)J小×2>J中>J大

最大 11Hit 32ダメージ(小)
最大 16Hit 42ダメージ(RF)
備考:必A「寂山雉鳴」後の「J小」による繋ぎはシビア

③-2
必A「寂山雉鳴」小orRF>立大>必C「寂庵訪客」小orRF

最大 12Hit 31ダメージ(全て小)
最大 21Hit 48ダメージ(全てRF)
備考:エリアル②を応用したもの。
少しでもタイミングが遅れるとチェーンが途切れるので注意。


必D「浅薄!」>J小>J中>(JC)J小×2>J中>J大

最大 7Hit 34ダメージ
備考:相手の位置により難易度が変化する

■基本コンボ

①-1 瞬歩を挟んだ攻撃
[立小>立中>立大(横瞬歩)]×霊力中枠>屈小>屈大>エリアル①-1

最大 17Hit 41ダメージ
備考:瞬歩距離は多めに取る。
瞬歩距離が正しければ、壁際以外でも全ての攻撃が繋がるためタイミングは要練習。

①-2 斜め上瞬歩を挟んだ攻撃(中難易度)
(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J中>J大>[ダッシュ立小>立中>立大>(斜め上瞬歩)J中>J大]×霊力中枠>ダッシュ立小>立中>屈大>エリアル①-1

最大 26Hit 57ダメージ
備考:相手との距離により、「立大」は抜かす方が安定する場合がある。
同キャラクターは投げがメインのため、コンボは各種エリアルと基本コンボ①-1と①-2のみで大方事は足りる。

②-1 密着状態
立小>立中>必B「寂林撓風」小

最大 4Hit 17ダメージ

②-2 密着状態
立小>立中>立大>必B「寂林撓風」RF

最大 5Hit 23ダメージ

②-3 フェイント技
立小>立中>立大>必B「寂林撓風」小>各種投げコマンド(通常投げ/必A「寂山雉鳴」/超必A「芒伏朽縄」/超必B「面を上げろ 侘助」)

備考:あくまでフェイント技のため、多用は意味を成さないので注意。
実質、立小>立中>立大>必B「寂林撓風」小は繋がっていないが、
相手の防御を誘う事が可能、且つ、必B「寂林撓風」小の硬直後に丁度「投げ無敵時間」が解消されるため、次の投げ技に移行しやすい。

■投げからの追撃

※同キャラクターは「コマ投げ」の恩恵を受けているため、通常投げの出番は少なめ

①壁際
投げ>必B「寂林撓風」小

最大 4Hit 13ダメージ

②壁際~画面中央
投げ>(間合いによりダッシュ)屈小>屈大>エリアル①-1

最大 10Hit 26ダメージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。