ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【必殺技】

■必A「ドラゴンニー(どらごんにー)」 地上 空中 →↓→

跳び膝蹴りを繰り出す
技を喰らった相手はダウンする(RFは壁際に吹き飛ばす)

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
1ヒット8ダメージ   ダウン効果、真上に膝を突き出す
1ヒット8ダメージ   ダウン効果、斜め上に膝を突き出す
4ヒット3ダメージ   多段ヒット、斜め上に膝を突き出す(締めに前方に蹴り)

朽木ルキアの必D「跳び膝蹴り」と同性能の技
攻撃判定の発生が早いため、GC技として重宝する

■必B「ドラゴンカラテパンチ(どらごんからてぱんち)」 地上 空中 ↓→

前方に正拳突きを繰り出す
技を喰らった相手は壁際まで吹き飛ばされる(空中ではRFのみ)
極端にリーチが短く、当てづらいのが欠点

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
1ヒット8ダメージ 早い長い地上=壁際に吹き飛ばす、空中=ダウン効果
1ヒット8ダメージ 遅い短い地上=壁際に吹き飛ばす、空中=ダウン効果
1ヒット8ダメージ 早い短い地上・空中=壁際に吹き飛ばす

空中では、始動と硬直が共に短くなるのが特徴

壁際では、連続で同技のRFを命中させる事も可能
必B「ドラゴンカラテパンチ」RF×3= 3ヒット23ダメージ(更にエリアルで追撃が可能)

■必C「ドラゴンバズーカ(どらごんばずーか)」 地上 ←↓→

前方に蹴りを繰り出しながら突進する
クリーンヒットしても相手がダウンしないため、コンボに組み込みやすい

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
3ヒット2ダメージ2キャラ早い長い貫通性能
8ヒット7ダメージ4キャラ半遅い短い貫通性能
8ヒット7ダメージ4キャラ半早い短い貫通性能

■必D「ドラゴンスパイラル(どらごんすぱいらる)」 空中 ↓↓

空中専用技
空中から前方斜め下に急降下し、蹴りを繰り出す
小ボタンのみ、地上に着くと硬直する

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
2ヒット3ダメージ 早い長い 
2ヒット3ダメージ 遅い 着地キャンセル
2ヒット3ダメージ 早い 着地キャンセル

【超必殺技】

■超必A「ハイパードラゴンミサイル(はいぱーどらごんみさいる)」 地上 空中 ↓→↓→

必B「ドラゴンカラテパンチ」の強化版
1キャラ分前進して、正拳突きを繰り出す
技を喰らった相手は壁際まで吹き飛ばされる

最大ヒット数とダメージ量リーチ性能
1ヒット32ダメージ1キャラ 

空中時は2キャラ分前進するが、リーチは地上時と変化が無い

壁際では、必B「ドラゴンカラテパンチ」と組み合わせて正拳壁コンが可能
投げ>[必B「正拳突き」小>超必A「ドラゴンミサイル」]×3=最大8ヒット113ダメージ(更にエリアルで追撃が可能)

■超必B「スーパードラゴンアッパー(すーぱーどらごんあっぱー)」 地上 ↓←↓→

1キャラ分前進してアッパーカットを繰り出す
相手を真上に打ち上げるため、エリアルで追撃が可能

最大ヒット数とダメージ量リーチ性能
1ヒット32ダメージ1キャラ半 
スポンサーサイト
■特徴
朽木ルキアの亜種。
同キャラクターとは違い、鬼道などの飛び道具は備えていないが、
接近戦向けの必殺技が増加しているため、体術キャラクターに特化している。

通常攻撃のリーチこそ短いが、前作よりも威力が増加しているのが唯一の救い。
少し背が低いため、屈状態では一部の高度の高い技を回避できることがメリット。
瞬歩については空中での発動が不可能なため、若干使い勝手は良くないと言える。

防御力に「×0.50倍」の補正が掛かるため、魂魄の減りが異様に早いのが最大の短所。

■画像
超必カットイン 挑発「押忍!」
有沢たつき カットイン有沢たつき 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ2ヒット5ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は3キャラ(速度=並)

■立ち回り
基本的に、朽木ルキアと幾つか立ち回り方は共通する。
牽制の要となる必A「ドラゴンニー」を常にGCなどに仕込んでおき、相手の攻撃に備える事が鍵となるが、必C「ドラゴンバズーカ」RF辺りも強引に地上から切り込む際には生命線と言える技。
同キャラクターは飛び道具が無く、リーチも短いことから接近する事に苦労するが、そこは相手の飛び込みに合わせて潜り込むなどしてカバーする必要がある。

幸い、接近してからは豊富な近接技を組み合わせて怒涛のラッシュを相手に浴びせる事が可能。
紙装甲キャラの割りに、1回の地上コンボで相手に与えられるダメージが100を超える物も存在するため、レパートリーは非常に優秀。
しかし、それほど攻撃のチャンスに恵まれたキャラクターと言う訳ではないため、如何にして1回の攻撃で高火力コンボを決めれるかが肝となるか。

主な地上コンボの組み合わせとしては、通常攻撃から必C「ドラゴンバズーカ」小>超必B「スーパードラゴンアッパー」でエリアルに繋ぐパターン、もしくは超必A「ハイパードラゴンミサイル」で壁バウンドを拾っていく辺り。
エリアルの締めに必C「ドラゴンバズーカ」RFや超必A「ハイパードラゴンミサイル」を使用することにより、更に空中を拾っていくことが高ダメージコンボへと繋がる。
ただ、リーチが短い事から初見では少しアドリブ加減も難しいため、トレーニングモードやら実戦などで慣らして行く必要はあるが。

起き攻めについては、朽木ルキアと同じく下段には屈小、中段には下方向へ判定の大きい「J大」辺り。
もしくは、必D「ドラゴンスパイラル」中 辺りも使えないことは無いが、必C「ドラゴンバズーカ」RFを瞬歩狩りとして置いておくことも一つの起き攻めパターンと言える。

ちなみに、空中では瞬歩を発動できないキャラ性能ではあるが、地上ではしっかりと斜め上瞬歩は発動可能なため、相手への崩しにはそれほど困りにくい。
紙装甲キャラゆえにDCのタイミングが命となるが、あまりに渋ると即死する可能性もあるため、出しそびれることが無いように霊圧配分には気を配る必要がある。

■対:有沢たつき
相手によっては、結構頑張ってくるキャラクターのため注意。
あまりこちらがうかうかしているとすぐに寄ってこられるため、紙装甲キャラだと言ってあまり警戒しないのも考え物。
接近してからの地上コンボはダメージ量が馬鹿にならないため、霊圧は超必殺技よりもDCに回した方が幾らかは安全かも知れない。

とりあえず、相手のリーチに劣ると言ったキャラクターは限られているため、範囲外からの攻撃で押し切りやすいのが不幸中の幸い。
それに加えて、相手の攻撃チャンスをDCなどを駆使して如何に減らすかが鍵となるか。
■空中コンボ(エリアル)

①-1
屈大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>必A「ドラゴンニー」中

最大 12Hit 36ダメージ

①-2
屈大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>必B「ドラゴンカラテパンチ」RF>(壁バウンド、空中ダッシュ)必A「ドラゴンニー」中

最大 12Hit 43ダメージ

①-3
屈大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>必B「ドラゴンカラテパンチ」RF>(壁バウンド、空中ダッシュ)超必A「ハイパードラゴンミサイル」>必A「ドラゴンニー」中

最大 13hit 72ダメージ
備考:場合により、空中ダッシュの回数は×2。
超必A「ハイパードラゴンミサイル」の間合いは、空中ダッシュを駆使して調節する。

②エリアルループ(相手の後方に3キャラ分の空き)
屈大>J小>J中>必B「ドラゴンカラテパンチ」RF>[(着地後)J小>J中>必B「ドラゴンカラテパンチ」RF]×霊力外枠>(着地後)J小>J中>(JC)J小×N>J中>必A「ドラゴンニー」中

最大 20Hit 65ダメージ
備考:霊力の消費が激しいため、一種のネタコンボ。
必B「ドラゴンカラテパンチ」RF⇔超必A「ハイパードラゴンミサイル」に置換が可能だが、空中で一歩前進するため独自の工夫が必要。

■基本コンボ

①-1
立小>立中>立大>必C「ドラゴンバズーカ」小>超必B「スーパードラゴンアッパー」>エリアル①-1

最大 16Hit 69ダメージ

①-2
[ダッシュ立小>立中>立大>必C「ドラゴンバズーカ」RF]×霊力外枠>立小>立中>立大>必C「ドラゴンバズーカ」小>超必B「スーパードラゴンアッパー」>エリアル①-1

最大 45Hit 93ダメージ

②-1 斜め上瞬歩を挟んだ攻撃(対:立ち状態)
(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J中>J大>[ダッシュ立小>立中>(斜め上瞬歩)J中>J大]×霊力中枠>ダッシュ立小>立中>屈大>エリアル①-1

最大 27Hit 60ダメージ
備考:瞬歩速度が遅いため、立大は挟まない方が安定する。
また、斜め上瞬歩の距離は多めに取る。

②-1 斜め上瞬歩を挟んだ攻撃(対:屈状態&背の低いキャラ)
(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J大>[ダッシュ立小>立中>立大>(斜め上瞬歩)J大]×霊力中枠>ダッシュ立小>立中>屈大>エリアル①-1

最大 23Hit 55ダメージ

③-1 正拳突き3連発(壁際)
必B「ドラゴンカラテパンチ」RF×3

最大 3Hit 23ダメージ
備考:この後、エリアルで追撃が可能

③-2 正拳突き3連発(壁際)
超必A「ハイパードラゴンミサイル」×3

最大 3Hit 89ダメージ
備考:DCが不可能なため、主に止め用。
ちなみに、この後エリアルで追撃が可能。


立小>立中>必A「ドラゴンニー」RF>(壁バウンド後、間合いによりダッシュor瞬歩)屈小>屈大>エリアル①-1

最大 18Hit 41ダメージ

■投げからの追撃

①正拳突き7連発(壁際)
投げ>[必B「正拳突き」小>超必A「ドラゴンミサイル」]×3

最大 8Hit 113ダメージ
備考:この後、エリアルで追撃が可能

②壁際~画面中央
投げ>(間合いによりダッシュor瞬歩)屈小>屈大>エリアル①-1

最大 14Hit 38ダメージ

③自分が壁際
(空間の広い方へ)投げ>(瞬歩×2)超必B「スーパードラゴンアッパー」>エリアル①-1

最大 13Hit 64ダメージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。