ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【必殺技】

■必A「イ頭 操炎(いのかぶり そうえん)」 地上 ↓→

前方に地を這う炎を出す
この炎は操作する事が可能(ボタン押し続け)
自分が攻撃を喰らうと、残り火を灯(とも)しながら炎が消滅する

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
30ヒット11ダメージ10キャラ早い長い貫通性能、多段ヒット、めくり判定
30ヒット11ダメージ10キャラ遅い短い貫通性能、多段ヒット、めくり判定
42ヒット21ダメージ10キャラ早い短い貫通性能、多段ヒット、めくり判定、炎が延長する

前作よりも、地を這う炎の速度がUPしている
炎を操作する事によりダメージ量を上げたり、半永久的に炎を画面内に滞在させる事が可能

■必B「ロ頭 昇炎(ろのかぶり しょうえん)」 地上 →↓→

対空技
前方に、上昇する炎を繰り出す
横範囲が狭く、地上の相手には当てづらい

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
35ヒット12ダメージ縦範囲無限早い長い貫通性能
35ヒット12ダメージ縦範囲無限遅い短い貫通性能、両側に炎を出す
21ヒット17ダメージ縦範囲無限早い短い貫通性能、両側に炎を出す(炎の速度がUPする)

■必C「ハ頭 拡炎(はのかぶり かくえん)」 地上 ↓↑

自分の周囲で炎を回転させる
極端にヒット数が多く、周囲の相手を束縛する事が可能

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
59ヒット8ダメージ周囲1キャラ半早い長い貫通性能、多段ヒット、回転する炎は1つ
65ヒット17ダメージ周囲1キャラ遅い短い貫通性能、多段ヒット、回転する炎は2つ
65ヒット17ダメージ周囲1キャラ早い短い貫通性能、多段ヒット、回転する炎は2つ

必D「ニ頭 翼炎」と同じく、特に乱戦で効果を発揮する技

■必D「ニ頭 翼炎(にのかぶり よくえん)」 地上 空中 ↓↓

自分の両側に山なりに炎を飛ばす
空中で使用すると、少しずつ降下しながら技を繰り出す

 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
47ヒット15ダメージ周囲1キャラ半早い長い貫通性能、多段ヒット、両側に炎を1つずつ
52ヒット23ダメージ周囲3キャラ遅い短い貫通性能、多段ヒット、両側に炎を2つずつ
52ヒット23ダメージ周囲3キャラ早い短い貫通性能、多段ヒット、両側に炎を2つずつ

必C「ハ頭 拡炎」と同じく、特に乱戦で効果を発揮する技

■必E「ホ頭 爆炎(ほのかぶり ばくえん)」 地上 ←↓→

炎を身にまとい、突進する
右向き時と左向き時で、ヒット数とダメージ量が変化する

※カッコ内は左向き時
 最大ヒット数とダメージ量リーチ始動硬直性能
6ヒット11ダメージ(7ヒット13ダメージ)7キャラ早い長いめくり判定
6ヒット11ダメージ(7ヒット13ダメージ)7キャラ遅い短いめくり判定
6ヒット11ダメージ(7ヒット13ダメージ)7キャラ早い短いめくり判定

左向き時は、必殺技と超必殺技のみチェーンできる

【超必殺技】

■超必A「天叢雲(あまのむらくも)」 地上 空中 ↓→↓→

前方に横範囲無限の炎を撃ち出す
エリアルの締めに使用すると、更なる追撃が可能
始動が早く、隙も少ないため非常に使い勝手は良い

最大ヒット数とダメージ量リーチ性能
20ヒット35ダメージ10キャラ貫通性能、めくり判定

同技は連続で当てることも可能
超必A「天叢雲」×3=最大60ヒット85ダメージ(コンボ補正でダメージ量が減少)

■超必B 霊圧3限定 「八頭炎大蛇(やずほむらのおろち)」 地上 →←↓→

自分を中心に真上に炎を噴火させる
その後、噴火した炎は周囲に飛び散って行く
前作とは違い、ノックバックが無くなった(地上の相手にもクリーンヒット)

最大ヒット数とダメージ量リーチ性能
約99ヒット134ダメージ(周囲の炎に押し込む)周囲に半キャラ(縦範囲は無限)貫通性能、周囲の炎は8キャラ先まで届く

技をクリーンヒットさせた後は追撃が可能(丁度、自分の姿が炎で隠れる辺りから)
画面中央では相手を押すことにより、DCされずにダメージ量を増加させる事が可能

攻撃を喰らうと技が終了するのが欠点
スポンサーサイト
■特徴
「炎熱系」の属性を備えたキャラクター。
通常攻撃のリーチこそ平凡だが、周囲を束縛する強力な必殺技を多く備えているのが特徴。
屈状態でも差ほど身を伏せれないのが欠点だが、4人戦ではその性能ゆえに脅威に感じやすい相手。

今作より超必A「天叢雲」が空中発動も可能となった事により、エリアルの火力も一層強化されたのが強み。
上位クラスのキャラ性能もあってか厨プレイヤーご用達のキャラクターとなりつつあるが、気品あるプレイを心掛けたい所。

今、最も一番熱い漢(おとこ)!

■画像
超必カットイン 挑発「まだまだじゃのう」
山本元柳斎重國 カットイン山本元柳斎重國 挑発
■ダメージ表
 立状態屈状態空中
1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ1ヒット4ダメージ
1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ1ヒット6ダメージ
1ヒット8ダメージ(エリアル始動技)4ヒット10ダメージ(エリアル始動技)1ヒット8ダメージ
投げ2ヒット6ダメージ(壁際に叩きつける)2ヒット6ダメージ(地面に叩きつける)
※瞬歩距離は3キャラ半(速度=並)

■立ち回り
プレイヤーのモラルにより、吉とも凶とも出るプレイスタイルが選択される。
読みを全く無視した必C「ハ頭 拡炎」や必D「ニ頭 翼炎」のRFをぶっぱなすと言うダークサイドは置いておき、基本的な立ち回り方を考察。

同キャラクターは通常攻撃のリーチが平凡なことから、比較的リーチが無難な低空ダッシュJ小orJ大辺りをメインに振っていくべきか。
J小については空対空では優秀な性能を誇り、相手の空中攻撃に打ち勝ちやすく、生エリアルを取ることも可能なのが一つの長所と言える。
J大については、リーチも長い部類に入ることから涅マユリのJ大のように主軸として振っていける事が強みで、恐らく同キャラクターの中では一番使用機会が多くなる技かも知れない。

主に、標準的な瞬歩で相手との距離を調整しながらも、相手の懐へ如何に掻(か)い潜るかが肝となる。
もちろん時には、RF技を駆使しながらも相手の行動を制限することも必要で、モラルに反するからと言ってあまりに使用を自粛するのも考えもの。
コンボの繋ぎだけに留めるのではなく、立ち回りのアクセントに使用することも重要で、試合結果を勝ちに結び付けるには少なからず必要な行為とも言える。

近接してからは、持ち前のその高火力コンボを相手に実感して頂くと吉。
主に、エリアル始動技の立大に繋げるまでに必A「イ頭 操炎」RFや、もしくは打ち上げてからの必D「ニ頭 翼炎」RFなどでコンボのダメージ量を底上げ。
火力の一番の要因となる超必A「天叢雲」については、地上で必E「ホ頭 爆炎」からキャンセルさせることも可能で、エリアルの締めに利用するかはプレイヤーのアドリブ加減に左右されるか。

その後、ダウンを奪った際の起き攻めについては、下段には屈小・屈中辺りを、中段にはJ大辺りを重ねておくのがベター。
もしくは、距離が空いている場合は必A「イ頭 操炎」中を置いておく事も可能で、近接距離では持続時間の長い必C「ハ頭 拡炎」中を重ねておくのも一つの方法。

ちなみに、奇襲技として優秀な必E「ホ頭 爆炎」については中・RF以外ではほぼ反撃が確定しまうため、ぶっ放すときはそのことを肝に銘じておく。
また、立小が比較的低空ダッシュを狩りやすい軌道を備えており、牽制手段としても利用できる。

■対:山本元柳斎重國
相手が遠慮なくRFを使うタイプであるか、そうでないかで対処の仕方は変化。
基本的に前者の場合は、開幕FA狙いや霊力MAX時のRF技には要警戒する必要がある。
主に、相手が2ゲージ未満である事を見越して行動することが鍵となるが、近接距離ではまず相手の出方を伺う事が常套手段と成り得る。

4人戦については、コンボの締めに使用される超必A「天叢雲」が思わぬ場所から巻き添えを喰う場面もあるため、常に用心しておく必要あり。
超必B「八頭炎大蛇」に関しては巻き込まれるとまさしくGエンドのため、必E「ホ頭 爆炎」などで強引に突っ込んでくる爺さんの姿には注意したいところ。
■空中コンボ(エリアル)

①-1
立大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 47Hit 40ダメージ

①-2 瞬歩を挟む場合(中難易度)
立大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>[(上瞬歩)J小×2>J中]×霊力中枠>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 60Hit 52ダメージ(①-1 より最大約12ダメージ増加)

②-1
立大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>超必A「天叢雲」>J中>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 70Hit 75ダメージ

②-2 瞬歩を挟む場合(中難易度)
立大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>[(上瞬歩)J小×2>J中]×霊力中枠>J小>J中>超必A「天叢雲」>J中>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 80Hit 84ダメージ(②-1 より最大約9ダメージ増加)

③-1
立大>必D「ニ頭 翼炎」RF>立大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 96Hit 56メージ
備考:事前に「立小」で間合いを空けて置く

③-2 瞬歩を挟む場合(中難易度)
立大>必D「ニ頭 翼炎」RF>立大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>[(上瞬歩)J小×2>J中]×霊力中枠>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 101Hit 63ダメージ(③-1 より最大約7ダメージ増加)

④対:狛村左陣&メノスグランデ
屈大>J小×N>J中>(JC)J小×N>J中>必D「ニ頭 翼炎」小

最大約 57Hit 34ダメージ(狛村左陣)
最大約 57Hit 39ダメージ(メノスグランデ)
備考:一応、屈大からもJCが可能(但し、Hit数の増加に伴ないダメージ量は減少する)

■基本コンボ

①-1
立小>立中>屈中>必E「ホ頭 爆炎」小>超必A「天叢雲」>立小>立大>エリアル①-1

最大約 66Hit 77ダメージ

①-2
立小>立中>屈中>必E「ホ頭 爆炎」小>超必B「八頭炎大蛇」

最大約 103Hit 151ダメージ
備考:超必B「八頭炎大蛇」後は相手を壁際まで押しこむ、その後 各々の追撃が可能

①-3 右向き時限定
立小>立中>屈中>必E「ホ頭 爆炎」RF>立小>立中>必E「ホ頭 爆炎」小>超必A「天叢雲」>立小>立大>エリアル①-1

最大約 74Hit 87ダメージ
備考:右向き時のみ、必E「ホ頭 爆炎」RF>立小が繋がる


立小>立中>必A「イ頭 操炎」RF>(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J小>J大>立小>立中>屈中>必E「ホ頭 爆炎」小>超必A「天叢雲」>立小>立大>エリアル①-1

最大約 1131Hit 89ダメージ

③斜め上瞬歩を挟んだ攻撃(簡易版)
(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J小>J大>[立小>立中>(斜め上瞬歩)J小>J大]×霊力中枠>立小>立大>エリアル①-1

最大約 59Hit 60ダメージ
備考:壁際では、立小>立中の後に「屈中」を入れることが可能


立大>J小×3>J中>必D「ニ頭 翼炎」RF>(着地後)超必B「八頭炎大蛇」

最大約 145Hit 145ダメージ
備考:空中必D「ニ頭 翼炎」RFのタイミングは気持ち遅めに。
超必B「八頭炎大蛇」後は、各々の追撃が可能。

■永久コンボ

①対:メノスグランデ
必A「イ頭 操炎」小(円を描くように炎を回す)

備考:気の済むまで

■投げからの追撃

①壁際
投げ>超必B「八頭炎大蛇」

最大約 82Hit 124ダメージ
備考:超必B「八頭炎大蛇」後は、各々の追撃が可能

②壁際
投げ>必C「ハ頭 拡炎」RF>立小>立中>立大>エリアル①-1

最大約 103Hit 50ダメージ

③壁際~画面中央
投げ>(間合いによりダッシュ)立小>立大>エリアル①-1

最大約 52Hit 43ダメージ
備考:屈小のリーチが短いため、立小で拾うことを推奨(ダッシュを挟む場合は尚更)

④自分が壁際
(空間の広い方へ)投げ>必E「ホ頭 爆炎」小>(Hit確認後)超必A「天叢雲」>立小>立大>エリアル①-1

最大約 58Hit 73ダメージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。